大阪から北海道にやってきて二十年余り、

真狩村で農業を始めて十五年以上の月日が経ちました。

最初のころは何をどうしたらよいのかもわからず戸惑うばかりでしたが、今では少しは落ち着いて作業を進めることができるようになりました。

とはいえ農業は自然相手の仕事。戸惑うことはなくなっても、突然の強風や大雨に途方に暮れるようなことが何度も起こりました。

それでも家族の力をあわせてなんとかここまでやってきました。

そして何よりも、これまでいくた農園を応援し、励ましてくれた皆さんに支えられてここまでやってくることがでました。

これからも「おいしかったよ。」というお言葉を裏切らない野菜作りに取り組んでまいります。

栽培しているもの

アスパラガス

5月上旬ごろより芽を出し始め、中旬には収穫が始まります。6月中旬ごろまで毎日収穫を続け、そのあとは晩秋までできるだけ元気に茎葉を茂らせます。背丈は2メートルを超え普段目にするものとは似ても似つかぬ姿に生長します。その時、どれだけ養分を蓄えさせるかが農家の腕の見せ所となります。

スイートコーン

5月に入り少し暖かくなったら種を蒔きます。そして時期をずらしながら種まき作業を繰り返し、8月下旬から9月中旬ごろまで収穫できるように栽培します。

品種は甘みが強く、粒の皮が柔らかい「恵味」を育てています。

かぼちゃ

大玉のものと手のひらサイズのかぼちゃを作っています。直接お客様にお届けしているのは手のひらサイズの「坊ちゃんかぼちゃ」。かぼちゃは収穫後、しばらくねかせて甘みを出しますがよりよく甘みがよくでる「坊ちゃんかぼちゃ」は食べきりサイズで影の人気者。

簡単なようで意外と難しいかぼちゃ栽培。育て方では一番頭を悩ませているかも⁈

ブロッコリー

最近、うちでも栽培面積を増やしつつあるブロッコリー。苗を作って畑に定植したあとは比較的短期間で収穫でき、小さな面積を何度かに分けて収穫を続けていくことができるので小規模な当農園でも取り組みやすい作物です。

輸送には大規模な製氷機で作った氷が必要なので産地直送では販売していないのですが、もしかするとお近くの八百屋さんやスーパーで店頭に並んでいるかもしれません。